個人情報保護方針 お問い合わせ サイトマップ
ホーム>企業情報>ご挨拶

国土強靭化の一助となりたい

 弊社は、創業以来GISのエキスパートを目指してやって参りました。15年が経過し社会の変化の中で切に感じることは、今こそ日本は国土強靭に着手しなければならないということです。日本は、毎年のように災害や地震に見舞われています。今後も南海トラフ巨大地震を始め、多くの地震や噴火が懸念されています。そのうえ、社会インフラの老朽化も進行しています。自然災害だから仕方ない。予算がないから仕方ないと諦めてもよいのでしょうか。日本人は、100年後生き続けなければならない。そのためには100年後の日本人のために地震や災害に強い国土を作らなければならないのではないでしょうか。  GIS上に表現できないデータはありません。それらを重ねて総合的に見えるのもGISの良いところ。今ならARやVRと組み合わせればさらにできること幅が広がります。これらをフル活用して、国土強靭化の一助となりたい。これが私の願いです。

JUST SIZE 〜必要な物を必要な分だけ〜


justsize  「もともと技術とは、過剰な物の生産である。人間は、生来、技術によって過剰をつくり出す存在である。」スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットの言葉です。技術には、このような側面も否定できないと私は思っています。過剰な生産は人々の暮らしを圧迫し、時間を略奪します。利便性も行き過ぎれば弊害を引き起こします。ましてやコンピュータは、人間の「知の実現」を手助けするものですが、何かを生産するものではありません。したがって、過剰な機能を持ったシステムは負担を引き起こしてしまいます。 弊社は常にお客様が必要とする機能を見極めることを最優先に考えております。お客様がご納得いただけるシステムの形を弊社は探求しております。

「知の実現」のための提案


 コンピュータという道具が他の道具と異なる点は、アイディア次第でどのようにでも形を変えられる点です。ですから、もし不都合や不便を感じればいくらでも改善できるのです。時にはほんのちょっとした工夫で劇的に使い勝手が向上する場合があります。弊社はこの工夫をご提案しています。